団体信用生命保険とは?
団体信用生命保険とは?
団体信用生命保険とは?

住宅ローンの借入者が、加入者となる生命保険です。住宅ローンの貸し手が保険の受取人になります。住宅ローンは長期にわたって返済する必要があるため、返済中にローンの借入者が事故や病気で死亡したり、高度障害になって返済ができなくなるような事態に備えた保険です。一家の大黒柱を失った後、ローンの支払いは遺族にとって大きな負担であり、貸し手の金融機関にとっては滞納リスクを負うことになります。団信に加入していれば、本人に代わって、生命保険会社が金融機関にローン残高と同額の保険金を支払います。これによって住宅ローン返済が免責され、遺族にはマイホームが残るように設計されています。

団体生命保険の加入条件は?
団体生命保険の加入条件は?
団体信用生命保険の加入条件は?

健康であることが、加入の絶対条件です。団信加入を融資条件に入れている金融機関の場合、健康状態などの理由で加入が認められなければ、住宅ローンそのものも借りられなくなります。任意加入の金融機関もありますが、健康に不安があれば、将来収入が不安定になる悪材料となります。健康というベースをしっかり整えたうえで、団信を活用してマイホーム購入に臨みたいものです。

団体信用生命保険の主な特徴について

  1. 団体扱のため、保険料が格安 個人で加入するよしも保険料が安く、お値打ち感があります。
  2. 保険料は年齢や性別に関係ない 融資額と返済期間で保険料が決まり、加入年齢には左右されません。
  3. 残債が減れば保険料も少なくなる 住宅ローンの残高に応じて計算され、負担額が年々軽くなります。
  4. 返済開始後に新規加入はできない 住宅ローン契約時に、加入の申し込みをする必要があります。
  5. 貯蓄性はない 完全な掛け捨てタイプの保険です。

団体生命保険の加入条件は?

カンタン会員登録 個人会員登録(無料)を行うと、何度でもカンタンに資料請求を行うことができます

会員登録をする

会員専用

ログインID
パスワード


ログインIDまたはパスワードを忘れた方

地域から探す
カテゴリから探す
特集から探す
検索キーワード
トップへもどる